上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた久々の更新です(汗)

先月の事ですが、
甥っ子(R)の高校野球の試合を平塚球場に応援に行ってきました。

試合は5-2で横浜高校に負けてしまいましたが、
完投したRはとてもかっこよかったです!
いつの間にか大きくなったな~と実感・・
笑えますね。

さてさて、本題に・・
14日月曜日にPfでの吠え噛む子のための講座がありました。
今回はパパがお休みだったので
一緒に参加して貰いました。

毎回、必ず考えさせられますが、
レッスンとか躾教室とかは犬の為でもありますが、
飼い主の為の時間でもあると考えてしまいます。
うちの子はいつもできない、ほかの子と比べて・・
などとマイナスな事ばかり思いがちですが、
出来てないのは飼い主であることを再認識させられますね。

講師は今回もPfドッグトレーナの大川先生。
いつもうちの子たちが本当にお世話になってる先生です。

さて、
どんなことを教えて頂いたかを覚書適度ですが書いていこうとおもいます。

吠え噛むというのは犬にとっての感情表現であって、
0(ゼロ)にすることはできないそうです。

無駄吠えというのは一切ない。
嬉しい表現、遊んで欲しいと思ってる時の表現、
要求吠え、警戒してる時の吠えなど、
吠えについては意味がある事を飼い主は考えてあげてください。

ゆうの行動を見てると、
家の中で、ご飯の時や散歩に行くときはものすごく吠える。(嬉しい表現)
散歩中ほかの犬を見つけると吠える。(警戒心)
この2種類について考えも意味が違うことが簡単にわかります。

玄関に誰か来たときなどに吠えてしまう・・
これって決まりごとみたいになってます。

飼い主として、
犬をマネージメント(管理)し、
そして、
トレーニング(訓練)してください。

確かにその通りですね。

例えば、もし玄関に誰か来たときは、
友達なら携帯やメールをくれれば
玄関でドアフォンをならなくて済むので
犬をハウスに中に入れて待たせることができます。

我が家に来てる宅急便の方は、コーギーちゃんを飼ってるので
我が家に荷物を持ってくるときは必ず電話を一本入れてくれます。
ありがたい配慮です。

吠えてどうしようもないとき、
吠えてる時は絶対に近くには行かない。
吠えが止まったら犬のところに行く。

次、噛むことについて。

お店にクチワなどが売ってるので
そういうものを犬に付けて噛むことを防ぐ1つの手もある。

ゆうは散歩中ほかの犬を見つけると、
吠えて散歩にならないと先生に相談しました。

まずゆうの行動を先読みして、
犬を見つけたら違う道に行くようにするのも良い。
対象同士の視線をカットする。
おやつを使い、飼い主に集中させることもゆうにとっては良い。


とても為になる1時間でした。
教室の中にはほかの犬も大勢いた為、
ゆうもココも最初は『ウー』と言ってましたが、
お互いが視線をカットして1時間争い事もなく穏やかに時間が進みました。

大川先生、参加したママさんパパさんワンちゃん達
お疲れさまでした。

それから、
同じ日の20時少し前にPfでおやつを買ってたら
大川先生が残務処理?で店内にいらしたので
講座の感想など話していたら、
親切にももっと細かく教えて頂きました。

2ワン一緒の歩き方、おやつの与え方、
声のかけ方、褒め方など・・
時間外なのにたっぷりスタッフの皆さんも一緒に付き合って下さいました。

ココはおやつを沢山貰って嬉しそうでしたねぇ。
ゆうは・・
翌日からレジの所に行くと怯えるようになりました(笑)
ある意味笑えました・・
飼い主含めてたっぷり勉強ができて感謝してます。
皆さんありがとうございました♪
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。