2016.04.18 熊本と大分
熊本の地震後
沢山の友達からお見舞いのメッセージを頂きありがとうございました。

熊本の実家は
食器棚が倒れ、タンスも倒れ、
家の中では就寝できないので車の中で寝ているそうです。

お水も断水していてご飯を作ることも容易ではなく、
勿論お風呂は3.4日は入ってないようです。

東日本大震災の時、私も経験しましたが
物が買えない、
お水もパンもヨーグルトも買えない・・

あの時以上の大変さが今、熊本で起きていると思います。
地震後、
すぐにお水のペットボトルを送りましたが、クロネコも郵便局も熊本への荷物をストップしてると分かりました。

主人は熊本の両親の元に行きたいと思ってると思います。
でも飛行機が飛んでない今、我慢するしかない状態です。
昨日、いっちゃんママさんから
お風呂の情報や給水の情報などを教えて貰いました。
すぐに主人に伝えて熊本の両親に知らせました。
友達がそこまで心配してくれることが嬉しかったです。
何ごとも助け合いましょう!って言うけど、
本当にこういう時、痛感しました。
いっちゃんママさん、ありがとう

それから、私の甥っ子が大分の別府の大学の寮に先月から住んでいます。
地震後、避難所に行ってて甥っ子と連絡が取れなかったりとドキドキしてましたが、
無事と分かり安心しました。

神奈川に帰っておいで、と本当は言いたいですが、
甥っ子なりに頑張ってると思うんです・・
でも、何かあったらと思うと怖いので、
やはりすぐに帰っておいで!って言いたいです!
スポンサーサイト