2017.06.19 ランチ
ワンコ友達のアルフママとルークママとは時々ランチをしています。

行ってみたいお店があるとラインで連絡したりして
予定を合わせます。

先週はダイナシティの4Fのカフェコリーナさんへ、
空いてて雰囲気も素敵でした!

3人でのおしゃべりは決まってワンコたちのこと、
体のことですかね?

ゆうが膝のオペをしたので経過などを話していたら、
ふと外を見たら、
Drイエローが通過しました!
なかなか見ることできないといわれてるDrイエローですからね

アルフママとルークママと一緒に見ることができてよかった~。
みんなの願いが叶うかな?
2017.05.12 2回目のオペ


4月3日に膝蓋骨脱臼のオペをしました。
2週間後に抜糸をしてレントゲンを撮ったら、
ボルトが抜けてしまってると言われてしまいました。

やっとの思いで2週間が経過したというのに、再オペをしたいと言われてしまい、
言葉がなかったです。
... 続きを読む
ゆうは4月3日16時から膝蓋骨脱臼のオペをしました。
何も分からず先生たちに連れられて行くゆうに後ろめたさを感じつつ
どうか無事にオペが終わることだけを祈ってました。

こちらの病院を選んだのには理由があり、
まずパテラの名医であること。
酸素カプセルが大型犬用1つ、小型犬用2つもあり、
レーザー治療や針治療もあること。
それから先生方が大勢いらして、オペは4人の先生でオペをすること、
手術はモニターで飼い主も見ることができます。
IMG_0469_20170407131751e57.jpg
最初は可哀想でモニターを観れないと思ってましたが、
ゆうが頑張ってると思いずっと見ることにしました。
2時間半くらい経ったころオペは終わりました。

ゆうが戻ってきて、酸素の部屋でタオルをかけて寝かされ、
しばらくすると麻酔が切れ、ぴくぴくしながらゆうが起き始めました。
自由がきかない自分の体にビックリしてましたね。
IMG_0470_20170407140834b8e.jpg

こちらの病院は飼い主も泊まっていいというので
急きょ私は何も持ってなかったですが、泊まることにしました。

病院に預けていれば安心だという方もいますが、
ゆうのそばでできればずっと抱っこして体を触ってあげたかったんです。

麻酔が切れて、涙を流しながら痛みを訴えてるゆうを見て
付いてるしかできないけど、
深夜、夜勤室で寝ている先生を何度も呼んで痛み止めの注射をしてもらい・・・
ずっとずっとゆうを励ましてました。

翌日になっても変わらず痛がってました。
なんでこんなに痛みが続くのか?と先生に聞いたら
『両足オペしているからと、
それから想像してたより酷かったので深く切ってるため』と言われました。
とにかく痛みを取ってほしいと願い出て、先生を呼び続けていました。
IMG_0471.jpg

火曜日、18時頃、パパとココが顔をだしてくれてもゆうは痛みで泣いて泣いて、
見かねた看護婦さんが酸素室からゆうをだしてくれて
大型犬の部屋で親子だけになれる場所を作ってくれて、ゆうを抱っこしたり添い寝したりすることができました。
ありがたかったです。
20時には病院が閉まるので、私は一度帰宅しました。

自宅に戻ると病院の先生から
『ゆうくんは痛みが減ったようで落ち着いてます』と電話をくださいました。
どれだけその電話がありがたかったか?

水曜日も泊まる準備をして私は電車に乗り病院に向かいました。
朝9時過ぎに病院に到着して、ゆうは酸素カプセルに入ってましたが
私の顔を見て、右へ左へ・・・
うれしそうな表情をしてくれました。
その日の朝、初めてごはんをお水を飲んでくれたの一安心です。
先生から『かなり良くなったので、少し外に連れてってもいいですよ』と言って頂いたので
病院のDOG LUNを抱っこで散歩したりと外に連れ出して気分転換をしました。
うんちもおしっこも出たので、先生に報告。
赤いうんちができてしまったので先生に提出しましたが、たぶん大丈夫でしょうと言われました。
IMG_0480.jpg
(酸素カプセルに入ってるときのゆう)

入院中は酸素カプセルには1日2回30分間入るようで、
みるみるうちに状態が良くなってきました。

術後はどうなることか?
一緒に入院した子はどんどん退院していっちゃうし、
痛みは続くしで、先が見えない感じでしたが、
ワンコの回復力はすさまじいなと感じましたね。

木曜日には痛みがなくなり、(痛み止めの薬はごはんに入ってましたが)
私の横にずっと張り付き寝てました。
エリからさえつけていなければ家で寝てる時を同じだな~と。

あと少しで退院できるよと、ゆうを励まして・・
そして昨夜、パパとココが来たので退院しました。


ゆうの両足は膝のお皿が一部割れていて、かなり大変なオペになったと言われました。
普段散歩をしてる時は痛みに耐えていたはずだと・・

こんなに悪くなってる子はあまりいないですと言われてしまいました。
パテラの為にそれなりのフードを選びサプリを買ってきて
きっと良くなってるはずと思っていたのは自分だけで、
悪化してたんだなと分かりました。
理事長先生が『こんな症例はあまりないから、今までの病院でどんな治療をしてたの❓』と言われるほど。
ゆうの足がやばいかも?と思いオペを考えるようになったのは今年に入ってからなので
特にはなにもしていません、と答えました。
何もしてないもダメでしょうね?

オペは最初は近所の病院でするつもりでしたが、
こちらの病院にして良かったと本当に思います。

病院を紹介してくれたいっちゃんママさんは
病院で缶詰状態になってる私に朝食と翌日は夕食の差し入れをしてくださいました。
心細いときに親身になって下さりうれしかったです。
おいしいパンとお弁当、絶対忘れないと思います。
いっちゃんパパさんも駆けつけてくださりありがとうございました。
ゆちゃとゆうが似てるとパパさんが言ってくれて
うれしかったです!

最後になりましたが、
パテラだけではなく、様子をみてみましょうって言葉をよく聞きますが
様子を見てどうなるんだろうと・・
もし様子を見てる段階という方がいたら
果たしてそれが最良の決断なのかな?って言いたいですね。
ゆうの膝は様子を見てて悪化しましたから・・

次はココのお目目
白内障についてしっかり向き合おうと思います。
目の専門医を探します!

ゆう、本当に良かった
よく頑張ったね!お疲れさま
2017.03.30 ワン友
久しぶりに、
アルフママ、ヒロさん、コパンさんと近所の鎌倉パスタさんに行ってきました。

目的は・・
近況報告といったところでしょうか?

... 続きを読む
2017.03.25 狂犬病
ラジコを聴きながらPCに向かっています。
明日も朝から仕事だというのに・・・

昨日はお休みだったので(*^_^*)
ココゆうは狂犬病の注射に行ってきました。
今までは4月になってから注射を打ちに行ってましたが、
ゆうのオペもあり、4月の予定が分からず
できることは今やろうと思って・・・

考えてみたら4月は車の税金や固定資産税、
などなど、出費が多い月なので少しでも早くできることはしておいたほうがいいですね。

IMG_0458_2017032501341301a.jpg


そうそう、話変わりますが、
木曜日に、六角精児さんに会いました!
お話できたのでうれしかったです\(^o^)/